2011年9月28日水曜日

レンズ

タムロン70-300が調整から戻ってきた。
伝票には特に問題はなかったが、よりAF精度を高くするよう調整したとの記述があった。

とりえず部屋の中で試験撮りしてみた。
う~ん。イマイチ納得できず。まあ、部屋の中なのであてにならないが、試験撮りの結果は
芳しくない。
今度の休みに実験したい。もし我慢できないなら処分か?避けたいが。。

デジカメ生活を見る


2011年9月27日火曜日

季節

季節は移り変わる。
ここのところ暑い夏の空気も消え、やっと秋が来た。

ただ秋は少し寂しい。
乾燥した空気は、さっぱりしているが、孤独で虚しい感じがする。
夏の情熱的な時間はもうそこにはない。

デジカメ生活を見る


2011年9月26日月曜日

ミラーレス一眼

ニコンがV1とJ1を発表してから、ミラーレスが一層熱くなっている。
ただV1は、イマイチ評判がよくない。
1インチセンサーの出来が良ければ前評判を覆せるが、果たしてどうか。
いったい、どれだけ売れるのだろうか?

ミラーレスは、可能性を秘めているが、デザインを含め未だ決定的な機種がでていない。
ペンタックスQのデザインは好感を持ったものの、大きさが小さすぎる。
人間工学に合っていないと思う。
また、センサーが小さすぎて、わざわざレンズを交換する意味があるのかどうか疑問だ。
ニコンの1インチセンサーもレンズ一体型の方がいいように思える。

デジカメ生活を見る


2011年9月25日日曜日

レンズ

タムロン70-300を調整に出しているので、ちょっと撮影に支障が出ている。

400mmの単焦点と90mmマクロを持って出るが、中間域のレンズがなくちょっと撮りづらい。
ほんとは、180mmマクロを持っていけばいいのだが、400mmの単焦点と同時に持ち出すのは
ちょっとキツイ。

早く70-300に戻ってきて欲しい。

デジカメ生活を見る

2011年9月24日土曜日

彼岸花

初秋。お彼岸。彼岸花の季節だ。

台風15号の影響で、近辺の彼岸花の生育場所が結構やれられている。
いくつか歩いてみると、被害を免れたところもあった。

彼岸花は基本は、真っ赤。園芸もので白もあるが、やはり赤がいい。

赤は情熱の色。恋の色である。

デジカメ生活を見る


台風の爪痕

台風通過の多い四国で生まれ育ったが、今回の15号には驚いた。
東京に来襲した台風の風としては、ここ数十年で一番強かった気がする。

東京中の公園の木や街路樹が大きな被害を受けた。
渋谷では、倒木がタクシーを直撃し、ニュースで流れた。

よく行く神代植物公園の樹木も大きな被害を受けていた。

デジカメ生活


2011年9月23日金曜日

ニコンのミラーレス

先日、ついにニコンが噂のミラーレス一眼を発表した。V1とJ1という2機種だ。
発表に際し、ミラーレスではなく、アドバンストカメラだと言い、他社の物まねでないことを強調
している。また、他社がミラーレスを出していなくても、ニコンは出したと言っている。

まあ、これは嘘だ。他社のミラーレスの売れ行きに慌てて開発したことは間違いあるまい。
基礎研究はしていたとしても、本気になったのは他社を見てからであろう。
それにしても、デザインはイマイチ。

センサーは、35㎜換算で2.7倍の1インチだという。
なぜ、この大きさなのか?これもよくわからない。ボディの大きさをみるとフォーサーズとたいして
変わらない。これならフォーサーズに参加すれば良いのにと思うのは、私だけではあるまい。
独自性に拘るのはわからないでもないが、吉と出るか凶と出るか?

良いところは連写が早いことだ。野鳥撮影には有利だ。
アダプター経由で望遠レンズをつければ、これまで不可能だった2,000mmに届く世界が見えて
くる。

残念ながら、ニコンレンズは全くないので、買えないが、ぜひキヤノンも追随してほしいと
思う。できればフォーサーズで。
もし、キヤノンが追随しないと、超望遠の世界はニコンの天下になるだろう。
キヤノンよ続け。

もう一つ、このセンサーサイズで写りはどうなのだろう。
ネット上で見る限り、評価は低いように思える。

果たして売れ行きは?

デジカメ生活を見る

2011年9月21日水曜日

動画

そう言えば、7Dではまだ動画を撮っていない。
GF1なら、姪や甥をよく撮るのだが、7Dは動画の操作方法さえ知らない。

まあ、買った目的が動画ではないので、あたりまえなのだが、あるプロが昆虫類を
動画で撮っていたので、ちょっと気になっている。
今度天気の良い日に挑戦してみようと思う。

光時写楽 デジカメ生活

2011年9月20日火曜日

ミラーレス

ミラーレス一眼が脚光を浴びている。

いよいよ今週はニコンから1インチミラーレスが発表されそうだ。
噂では、動画にかなり力が入っていて、かなりの実力らしい。果たしてどうなのだろうか?

事前にネット上に流れた本体の写真をみると、デザインはイマイチぽい。
本当の姿はどうだろうか?期待を裏切って欲しい。

今ミラーレスとしてはGF1を使っているが、ニコンが素晴らしければ乗り換えもあり得る。
しっかり見極めたい。
本当は、キヤノンから出して欲しいのだが。。

デジカメ生活を見る

2011年9月19日月曜日

レンズのピント調整

先週、タムロンSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDを調整に出した。

タムロンの修理受付は、神田にある。ちょっと仕事を抜け出して行ってみた。
平日なので窓口は、ガラガラ。まずまず、親切な対応であった。

調整が終われば工場から直接送ってくれるという。保証期間内なので、もちろんタダ。

買った当初は、音と作動に若干疑問を持ったが、写りは良いと思っていた。
ところがある時、低速でネコを撮った写真がブレていて、疑問を持った。

撮った写真を100%で見ると、確かにピンが来ていない。使うほどピンが合わなくなっている
印象なのだ。
幸い7Dには、AFのマイクロアジャスメントがあるので、調整するが、同じ条件でもピンが来る時と来ない時があるのだ。
ちょっと、手ぶれ補正とAFの精度に疑問を持ってしまった。こうなると調整に出してみるしかない。

望遠レンズとしては、ほぼ完璧なEF400mm F5.6L USMを持っている。だからどうしてもこれと比較してしまうのだ。
EF400mm F5.6L USMは、とにかく素晴らしい。
単焦点とズームを比較するのは酷だが、もし調整の結果が悪ければ、処分するしかない。
タムロンの90mmと180㎜のマクロレンズは、素晴らしいのできっと良くなることを期待したい。

デジカメ生活もどうぞ

7D+EF400mm F5.6L USM

2011年9月18日日曜日

ちょっと鬱

ここのところちょっと鬱気味。

8月の初めから、遠い昔の恋を思い出し、悲しい気分や虚しさ、怒りのフラッシュバック
のようなものに悩まされている。
全くばかばかしいのだが、ストップがきかない。

老人性うつの始まりだろうか。このことが人生全体への虚しさを誘ってくるので厄介だ。

こうして誰にも読まれないブログに心象を書くことで、この鬱から逃れられればと思う。
克服するには、忘れることだが、時々妙な鮮明さを持って頭の中に出てくる。

今思えば確かに忘れられない幼稚なる恋だったが、ちょっと心を蝕まれた記憶が染みついて
いるのだろうか。
長い間、ほぼ完全に忘れたのに、急に頭の中に現れてしまった。不思議なものだ。

過去を見ず、未来を見ることで生きてきたが、ここにきて過去を見るようになったのか。
それが始まると厄介だ。
今は一つだが、次々に時間を追って、失敗した恋愛が出てくるとすれば、かなりダメージを
受けそうだ。

未来を見て、過去は忘却する。これ以外に助からない。そう思うのだが。。


7D+EF400mm F5.6L USM




2011年9月17日土曜日

写真の不思議

写真に興味をいだいて6年。
雑誌やネットで多くの写真を見ている。

ネイチャー系の写真で、一つだけちょっと不思議なのは、やや暗いものが好まれるという点だ。
早朝、夕刻、濃霧などが好まれ、ピーカンの写真を見ることはほとんどない。
プロの写真集を見ても、その傾向は強い。

確かにあまりに明るい写真など表現が難しいし、あたりまえの写真になるから説得力に欠ける
のだろう。

だがもう少し、晴天の状況が評価されてもいいような気がする。